さる&しか奈良だより

〜 子ども連れでよく散策している奈良公園&ならまち辺りの旬の出来事など(2003/12/7より) 〜

奈良公園近辺で夏休みのひととき 2005年08月20日(土)

  残暑は日中まだまだ厳しいですが、朝晩は暑さが少しずつ薄らいできました。

夏休みの子供たちにせがまれて近場を散歩。

まず、奈良教育大学で開かれていた絵本ギャラリーというイベントへ。絵本の読み聞かせでしばらく楽しんでいましたが、工作系のコーナーをはじめ人出がすごかったので早々と退散。


鷺池辺りで鹿さんとしばらく遊ぶ。子供にせがまれてボートにも乗ったけれど、日中の日射しは厳しく汗だくに。


その後、バスでJR奈良駅方面に出て、昼食。三条通りを東へ散歩。新しくできた本屋さんでしばらく本を読んだ後、「ちから」という甘党のお店でてんこ盛りのかき氷。


もちいどの商店街、ならまちを通って家に帰る。途中、ならまち格子の家の近くにある砂糖傳という由緒ある砂糖屋さんで「御門米飴」という水飴をおみやげに買う。前から気になっていたものの、今日まで入ったことが無かったお店でした。
 


夏の風物詩、燈花会はじまる 2005年08月06日(土)

  奈良公園の夏の風物詩のひとつ、燈花会がはじまりました。

今回、上の子供と一緒にサポータとして参加。
今年から新しく追加された春日野園地会場を担当。ロウソクで、お花畑をつくりました。

まず、コップを並べて・・・・


水とロウソクを入れた後、チャッカマンで点火


19時半頃にはすべて点灯。はなやいだ感じ。


今年からこの時期開山される若草山にのぼって、奈良の夜景を・・・・ しかしながら、8時過ぎから1時間ばかり雨模様。


21時半頃から後かたづけ。
子供にとってはめずらしい経験ができて、とっても楽しかったようです。
 


炎天下、蝉の声、百日紅(さるすべり) 2005年07月18日(月)

  真夏の日射し。梅雨明けが宣言されました。

奈良公園では、鹿さんも木陰で日射しよけ。その上では、蝉さんたちがにぎやかに鳴いていました。


鷺池の周りでは、真夏の日射しを吸いとるかのような百日紅の花
 


自然にどっぷり、滝坂の道 2005年06月22日(水)

  休みが取れたので、ひさびさに自然の中にどっぷりつかりたいなと思い立ちひとりで「滝坂の道」を歩く。奈良公園(バス停・破石町)から柳生へ通ずる山道です。

今朝未明までの雨のせいで、道はぬかるみ、横を流れる川の水かさもずいぶん多くなっていました。

しっとりとした緑、ここちよい水の流れの音、いろんな小鳥たちのさえずり、ときおり足下で飛び跳ねる小さな生き物、・・・・・・ 登り道は足にこたえましたが、ひさびさに気持ちのいい汗をかきました。







 


蛍(ホタル) & 睡蓮(スイレン) 2005年06月12日(日)

  昨日、例年より少し遅れて梅雨入り。蒸し暑くなってきました。

昨日の夜、雨が上がったので、今まで見に行ったことがなかった大仏蛍を家族連れで見に出かけました。青白い光がゆっくり点滅、ときおり、ふわりと舞い上がったり。街灯の明かりや車のヘッドライトが漏れてくるので、少し興ざめするところもありましたが、こんな身近なところで蛍が見れるなんて。

今日、朝方、どんなところで蛍を見たのかひとりで散策。

東大寺大仏殿の裏側、方角でいえば北側の道を東側、二月堂の方へ歩いていくと小川が流れているところがありました。(小川には近づけないようにロープで柵がしてあります)
北東の方角より東大寺大仏殿を見る。下の森の辺りに小川が流れていて、その辺りで蛍を見ました。


蛍の舞っていた小川です。


お水取りで有名な二月堂へと続く石畳の道は人通りも少なく、とっても落ち着いた感じです。


下の小川をひょっとのぞくと蟹さんががさごそと移動中。


帰り、東大寺から氷室神社へ足をのばす。


氷室神社の池では睡蓮の花がぽんぽんぽんという感じで咲いていました。


梅雨時には梅雨時の自然の営みがあるんだなぁ。
 


ささゆり & うちわ 2005年06月05日(日)

  今日は二十四節気の「芒種」(芒(のぎ)のある穀物の種子を蒔く大切な時期)。明日からは旧暦の五月(皐月)。夏本番の入り口といったところでしょうか。

6/17には、奈良市で一番古いといわれている率川(いさがわ)神社で三枝祭り(別名ゆりまつり)があります。そこで飾られるのが笹ゆりの花。本社である三輪さんのおおみわ神社ゆり園で、清楚な花がぽつぽつ花をつけはじめていました。


外を歩いても中にいても暑い季節。欲しくなるのは涼しい風。エアコンもいいけれど、昔ながらのうちわも風情があっていいいもの。三条通りのうちわやさんには、いろいろなうちわや扇子が並べられていて、子供もものめずらしそうにしばし眺めていました。
 


若草山へピクニック 2005年05月04日(水)

  日射しをあびると汗ばんでくるほどの陽気となってきました。

天気がいいので、ひさびさに若草山へピクニック。

若草山を目指してレッツゴー


登りはじめが結構急な坂道だから、早くも少しバテ気味。けど、風は涼しいし、ヒバリのさえずりがとってもにぎやか。


頂上にたどり着き、遠くの風景を楽しみながらお弁当


体力が回復した後、ビニールシートでそり遊び
 


自然の布館で手織り体験 2005年05月01日(日)

  ならまちや商店街を歩いていると、ツバメがさっそうと飛んでいく姿を目にするようになってきました。

もちいどの商店街にある自然の布館で手織り体験ができると張り紙がしてあったのを見つけて、子供たち二人がチャレンジ。
お店の人に教えてもらって、とんとん、とんとん・・・・と楽しそうに作っていました。




仕上げに縦糸がほどけないようにして・・・・
 


春の陽気、猿沢池のほとりにて 2005年04月23日(土)

  ソメイヨシノの桜の花びらも散って、かわりにハナミズキの花が目につくようになってきました。

春の陽気に誘われるかのように、奈良公園、ならまちあたりも、散策を楽しんだり、お弁当を食べたり、スケッチを楽しんだりする人たちなどで賑わっていました。

下の子供は、猿沢池のほとりで鳩を追いかけたり、カメさんがゆったり泳ぐのをながめたり。



 


春爛漫、元興寺小塔院跡にて 2005年04月10日(日)

  昨日今日と、初夏を思わせるような陽気でした。
奈良公園、佐保川、平城京跡、家の近所等々、そこかしこで、桜の花が満開です。

ならまちの元興寺小塔院跡でも大きな桜の木が満開。その他、いろいろな花が咲いていて、下の子供はお花探しにしばし夢中でした。



もうすでに若葉がちらほら。


地面のあちこちにタンポポの黄色い花。


まっ赤なチューリップも並んで咲いていました


小さなうす紫色の花をつけた?? 名前がわかりません
 


更新履歴
2006/06/03
DeerLine & モリアオガエルの卵

2006/05/21
青葉繁れる、奈良公園

2006/05/21
シカの愛護週間

2006/05/07
雨に洗われた新緑、カメさんも

2006/05/01
若葉の季節、氷のお祭り

2006/04/22
秋篠川の土手に菜の花

2006/04/15
やわらかな春の雨にぬれて

2006/04/08
元興寺小塔院跡の桜の木

2006/04/01
氷室神社のしだれ桜が満開

2006/03/15
春日野園地で凧揚げ

2006/03/12
あとわずかでなくなる「急行かすが」

2006/03/05
明日は啓蟄、人間様もぞろぞろと

2006/02/25
春のような陽気に、梅の花も

2006/02/18
夫婦大黒社のハート形絵馬

2006/02/12
少しずつ日が長くなって

2006/02/04
鰯の頭と身代わり猿

2006/01/29
旧暦の新年、青空が広がって

2006/01/15
日本一のお餅屋さん

2006/01/13
若草山の麓でフランス料理

2006/01/08
水仙の花がちらほら




- Web Diary Professional ver 2.28 -