さる&しか奈良だより

〜 子ども連れでよく散策している奈良公園&ならまち辺りの旬の出来事など(2003/12/7より) 〜

二十四節気「清明」、けどとっても寒い 2004年04月04日(日)

  45,252 byte今日は二十四節気の「清明」。春の日射し強く天空清く晴れわたるという意味だそうです。
けど朝から雨が降り続き冷え込みがとっても厳しく、しまいこんだコートをだしてきました。
それでも、奈良公園、ならまち辺りは色とりどりの傘を差した人たちでにぎわっていました。

この雨で桜の花びらもずいぶん地面に落ちていきました。
春日大社参道などでは、小さな白い房を鈴なりにつけた馬酔木(あせび)の花をよく目にします。(写真は昨日撮ったものです)
これからは、はなみずき、ふじの花などいろいろな花が咲いてくることでしょう。
 


更新履歴
2006/06/03
DeerLine & モリアオガエルの卵

2006/05/21
青葉繁れる、奈良公園

2006/05/21
シカの愛護週間

2006/05/07
雨に洗われた新緑、カメさんも

2006/05/01
若葉の季節、氷のお祭り

2006/04/22
秋篠川の土手に菜の花

2006/04/15
やわらかな春の雨にぬれて

2006/04/08
元興寺小塔院跡の桜の木

2006/04/01
氷室神社のしだれ桜が満開

2006/03/15
春日野園地で凧揚げ

2006/03/12
あとわずかでなくなる「急行かすが」

2006/03/05
明日は啓蟄、人間様もぞろぞろと

2006/02/25
春のような陽気に、梅の花も

2006/02/18
夫婦大黒社のハート形絵馬

2006/02/12
少しずつ日が長くなって

2006/02/04
鰯の頭と身代わり猿

2006/01/29
旧暦の新年、青空が広がって

2006/01/15
日本一のお餅屋さん

2006/01/13
若草山の麓でフランス料理

2006/01/08
水仙の花がちらほら




- Web Diary Professional ver 2.28 -