個別表示

大台ヶ原で実生苗の保護体験 2004年08月23日(月)

  38,229 byte子供の夏休みもあとわずか。
暦の上では「処暑」。旺盛な太陽も次第に衰え暑熱も退くという意味のとおりの気候になってきました。

さきの週末の土日、奈良公園からは大きく南へはずれて、大台ヶ原という雨量の多さで有名な山に子供とちょっとした活動に行ってきました。生涯学習センターさんが企画された森の講座〜森林を守りたい〜というもので、自然林再生のため、実生苗に防護網をかぶせてその生育を促そうというものです。ただ、実生苗は小指の先ほどの小さいものである上に笹に覆われているために、探すのに一苦労。けど、親子協力して予定していた数が完了しました。夜の山道を歩くナイトハイクもあって、新鮮な経験をすることができました。
 



- Web Diary Professional ver 2.28 -