個別表示

DeerLine & モリアオガエルの卵 2006年06月03日(土)

  上の子どもの通う学校の行事が奈良公園の飛火野でありました。地域の自然を観察して、地元の自然のことをもっとよく知ろうというものでした。

予想をずっと上回って、200人を超える参加があったようです。



普段、何気なく見ている奈良公園の風景。鹿さんの存在によって次の風景が作られています。はて??


この風景との違いは??


鹿さんは、エサの少ない時には、精一杯背伸びして木の葉を食べたりするので、木の葉がついている高さの最低ラインが不自然にそろっているのが見られます。(上の写真) 約1.8mぐらいにそろっていて、このラインがDeerLine(ディアーライン)と呼ばれるそうです。
下の写真に写っているところでは、木の葉が下まであったり下草が多い繁っていますが、毒があったりして鹿さんが嫌いな植物だからだそうです。


飛火野から少し奥に行ったところでは、池の上の木の枝にモリアオガエルの卵(大人のこぶしぐらいの大きさ)がありました。残念ながら池が枯れてしまっていて、このままだとふ化した時には大変なことに。 早くまとまった雨がふりますように・・・・。



 



- Web Diary Professional ver 2.28 -