いろいろテストで“StyleCatcher”タグの付いているブログ記事

3.3から標準で添付されてきたStyleCatcher日本語版を使ってみる。

システムメニュー>プラグインで一覧を出し、StyleCatcherの設定を表示画面で簡単なデータ設定を行う。
そのあと、テーマを読み込んできて、そのひとつを試しに適用してみる。blue-crushとかいう名前のテーマ。
mt/theme/ディレクトリに新しいテーマのデータが保存される。